先頭へジャンプ

輸送
地場
倉庫業
据付け
車両
関連事業

子育てサポート

仕事と子育てを両立できる企業を目指しています

福光運輸株式会社では、次世代育成支援対策推進法にもとづき、従業員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の 整備を行うとともに、従業員がより子育てにかかわれるよう支援するため、 次のように行動計画を策定しています。


  • 1.計画期間  平成26年10月1日〜平成29年9月30日までの3年間
  • 2.内容
  • 目標1: 職種によって依然、所定外労働時間の多い従業員の労働環境を改善し、平成28年12月から全社的にノー残業デーを設定する。

    <対策>

    ●平成26年10月〜 長距離、地場、各種作業ごとに客先の景況動向、季節変動要因を考慮しながら所定外労働の現状を把握
    ●平成27年10月〜 社内検討委員会で人員配置の見直し、人員増の可否等を検討
    ●平成28年12月〜 当社の新会計年度(12月〜翌年11月)に合わせ全社的なノー残業デーの実施
  • 目標2: 平成28年12月までに、子どもの出生時に父親が取得できる休暇制度を導入する。

    <対策>

    ●平成26年10月〜 従業員のニーズの把握、検討開始
    ●平成27年12月〜 特殊な職種での人員を補充するため、人員を絞って社内職業訓練を実施
    ●平成28年12月〜 制度の導入、管理職研修及び社内広報等による社員への周知
  • 目標3: 小中学生、高校生を対象に当社の各職種を見学できる「子ども参観日」を創設する。

    <対策>

    ●平成26年10月〜 受け入れ方法や体制についての検討
    ●平成27年10月〜 関係機関、学校との連携
    ●平成28年 4月〜 参観日の実施、次回に向けての検討

次世代育成支援対策推進法とはどんな法律ですか?

次の世代を担う子どもたちが健やかに生まれ育つ環境をつくることを目的として、 国、地方公共団体、事業主、国民が一体となって取り組んでいくためにつくられた法律です。